初めての不動産投資はトーシンパートナーズと一緒に!

空き部屋の有効活用

スーツの女性

最近、日本でも話題になっているのが民泊です。民泊とは通常のマンションやアパートの空き部屋を一時的に貸し出して、宿泊することを言います。民泊の対象になるのは空き部屋だけでなく、自宅の一室を貸し出すということもあります。なかなか埋まらない空き部屋を持て余しているオーナーにとっては民泊によって収入が得られますし、宿泊者にとっても宿泊費を抑えられるので両者にメリットのあるアイディアなのです。民泊はairbnbと呼ばれて浸透してきており、日本でもairbnb代行会社などが数多く登場しています。airbnb代行とは、空き部屋で民泊を運用するために必要なことをすべて行ってくれるサービスのことです。空き部屋を活かして民泊を運用したいけど、語学が堪能ではないという方や部屋の管理が面倒だという方にとっては最適なサービスと言えます。airbnb代行サービスの内容は会社によって異なりますが、宿泊者の問い合わせ対応や部屋の清掃がメインになっています。特に問い合わせに関しては、24時間電話で対応してくれますので宿泊者にとっても嬉しいサービスです。現在、日本を旅行先に選ぶ外国人は増えており、中でも沖縄への旅行者が増えています。中国・韓国・台湾などの近隣アジア諸国からの旅行者の増加は、特にめざましいです。宿泊費は安く抑えて、沖縄観光や買い物に予算をあてたいという外国人旅行者は多く、民泊の需要は高いです。沖縄でもairbnb代行サービスを行っているところは多くありますので、沖縄で空き部屋を持て余しているという方は民泊の運用を検討してみるのがおすすめです。